• NEW
商品コード:
dwlkdy18

解読 伊能忠敬測量日記 第十八巻

通常価格(税込):
1,976
販売価格(税込):
1,976
ポイント: 91 Pt
関連カテゴリ:
ダウンロード > 測量日記(解読)
第八次測量(1/9)
 本巻の対象地域は、九州第二次測量のうち、江戸から富士山周辺、東海道、山陽道を経て小倉に至り、小倉から熊本、屋久島を経て九州内陸部を測って小倉に戻るまでである。
 文化8 年11 月25 日((1812.1 月) 江戸出立。品川には娘の妙薫、長男の嫁リテをはじめ親類縁者、暦局の関係者、そして間宮林蔵などが見送りに出た。藤沢から御殿場に出、富士周辺の街道を測量したのち、測量を行わずに東海道、山陽道を経て、文化9 年 (1812) 1 月25 日、小倉に着く。小倉からは手分け測量で北九州の内陸部を南下、忠敬組は大口から、坂部組は串木野方面から鹿児島に入る。山川湊から3 月27 日屋久島に渡る。続いて4 月26 日に種子島に移って測量し、5 月23 日に鹿児島に帰る。北上して九州内陸部を縦横に測り、小倉に戻った。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。